topおいらの日常 ≫ 2006-10-01:いかがなもんかな。

おいらの日常/2006-10-01:いかがなもんかな。

2006-10-01 (日) 01:47:00 (5265d)

こんばんは。 東京に来てますmeglifeです。 研究室OBの飲み会だったのだ。 やっぱり研究室仲間は楽しいな〜〜〜〜

東京に上京するときにいつもお世話になっているビジネスホテルがある。 久しぶりに来てみたら、その近くにセブンイレブンが出来ていた。

やったね〜!! と思って,よぱらいの千鳥足で柑橘系のジュースが欲しいと思って入ってみたわけですよ。

入ったら「いらっしゃいませ〜」って聞こえてくるのが普通でしょ。 それが、無音。

店員の横を通っても、無視。

???

何じゃこの店?って思いつつ、おいらはジュースコーナーの前で品定めをしていた。

ジュースコーナーの付近に、カップラーメンコーナーがあって,店員がそれの商品出しをしてたのだ。 それは別にいい。普通だ。 うん。 しかしだよ。 その品出しのときに、違う商品を持って来てしまっているのか知らないけど、中身の入った段ボールを「ドーン、ドーーン!!!」って放り投げて積んでいくわけ。 すげーうるさい。

よぱらいにはきつい音だった。 おいらの耳にはスゲー気になる音で、ムカムカして、こんな店で買うもんかって思ったね。

ホントにイラッときて、店を出た。

「いらっしゃいませ」も言えないバイトは雇うべきではないと思う。 客商売なめてるね。 ただ商品を出して、暇なときはマンガでも読んで、時給がもらえて、その店の売り上げが少なくったって関係ない。お客の嫌がるようなことをやっても全然気にならない。

笑顔で「いらっしゃいませ」って言うだけで、どれだけ売り上げが変わるかなんて考えていない。 いらっしゃいませも言えない店員は雇うべきではないと思う。 たとえ言葉の違う国の人でも。そこは甘やかすべきところではない。 ま、そういう人たちは、上層部の人がいる前では張り切ってるんだろうけども。

おいらが行きつけのコンビニは、フレンドリーな気さくな笑顔を振りまくおじちゃんやおばちゃんのいるのコンビニだ。

「おじちゃんち寄ってく?」って言うのがうちらの口癖だ。

新規客を呼び込むより、リピーターを確保する方が利益になることをあいつらは知らない。

投稿日: 2006-10-01 01:47:00
(この記事はBLOCKBLOGから移行したものです)

コメント


Name:
URL:
コメント: