top運動・カラダ ≫ 2008-04-04:処方された薬メモ。vol.1

運動・カラダ/2008-04-04:処方された薬メモ。vol.1

2008-04-04 (金) 22:58:00 (5410d)

肌の調子が良くないので皮膚科へ通っておるのだ。 皮膚科へ通うようになってからひどくなったような気もしないでもない。 ビタミン剤は、合ってるみたいだけど、塗り薬があんまり合ってないような気がするので、現在パッチテスト中。明日結果が大体わかるかな〜。

最近もらった薬の内容をメモしておくのだ。

  • フラビタン錠10mg
  • 処方日:2008年3月7日、2008年4月2日
  • 腸溶性フィルムコーティング錠
  • 作用:ビタミンB2剤。皮膚、粘膜、目の炎症等を改善する薬。
  • ビタミンB2は乳製品、レバー、卵黄、ほうれん草等に多く含まれているので、食事からも摂るように心がける。
  • 朝:2錠、夕:2錠
  • 橙色
  • ピドキサール錠10mg
  • 処方日:2008年3月7日、2008年4月2日
  • 腸陽性糖衣錠
  • 作用:ビタミンB6剤。ビタミンB6の欠乏症の予防と治療、皮膚・粘膜・神経の炎症や貧血を改善する薬。
  • ビタミンB6は酵母、穀類、魚、豆類、アボカド、レバー、粉乳などに多く含まれているので、食事からも摂るように心がける。
  • 朝:2錠、夕2錠
  • 白色
  • シナール錠200
  • 処方日:2008年3月7日、2008年4月2日
  • 素錠
  • ビタミンCの製剤。カラダの中で必要なビタミンCを補ったり、しみ・そばかす等を薄くする薬。
  • 新鮮な緑黄色野菜、果物などを十分に食べる。ビタミンCはブロッコリー、ピーマン、イチゴ等に多く含まれている。
  • 朝:2錠、夕2錠
  • 淡黄色
  • リンデロン-V軟膏0.12%
  • 処方日:2008年3月7日
  • 軟膏剤
  • 全量5g
  • 湿疹、皮膚炎等、皮膚の炎症を抑える塗り薬。
  • 目には使用しない。症状が良くなったら、できるだけ速やかに使用を中止する。
  • 口唇の症状のひどい所に使用(1週間以上使わない)。1日2回塗布。
  • 白色〜微黄色半透明
  • 白色ワセリン
  • 処方日:2008年3月7日
  • 軟膏剤
  • 全量10g
  • 口唇、かさかさの所、症状が改善後に使用。1日4〜5回外用
  • 作用:皮膚を保護する塗り薬。保湿効果もあり。
  • 副作用は特に無し。気になる症状が現れたときは、医師や薬剤師に連絡する。
  • ダラシンTゲル1%
  • 処方日:2008年3月7日
  • ゲル剤(外用)
  • 無色透明
  • 全量10g
  • 作用:殺菌作用によりにきびを治す薬
  • 洗顔後、患部に塗る。広い範囲に使ったり、長い間使ったりしない。
  • 赤いにきび、膿んだ所に使用。1日2回塗布。
  • 1日2回外用

最初にもらった薬(ダラシンTゲル)が合わないかもしれないので、違う薬を処方してもらった。

  • アクアチムクリーム 1%
  • 処方日:2008年3月11日
  • クリーム剤
  • 全量10g
  • 顔、赤いにきび、膿んだ所に使用。1日2回塗布。
  • 作用:細菌による感染症を治療する塗り薬。細菌の遺伝子の合成を阻害して、細菌の増殖を抑える。
  • 注意事項:にきびに使用するときは、せっけんで洗顔した後に塗る。目には使用しない。
投稿日: 2008-04-04 22:58:00
(この記事はBLOCKBLOGから移行したものです)

コメント


Name:
URL:
コメント: